TOPICS

  • 労働環境の改善に向けて

    労働環境の改善に向けて

    昔から医療現場の労働環境は仕事の多さや夜勤の多さから給与は良いものの、決して好ましい状況ではないとされていました。しかしそれでは医療現場で働こうという人材が集まらないため、一部の政治家がそうした状況の改善に向けて提言を重ねるなど状況改善の兆しがみえています。

  • 需要増の医療業界

    需要増の医療業界

    現在日本は少子高齢化を進み続けており、また2025年には団塊世代が後期高齢者となる2025年問題も控えています。そうした状況で今医療業界は将来的に圧倒的な人材不足になるといわれており、特に看護師や介護士ではその傾向が顕著になるといわれています。もしこうした仕事に関心があるのであれば今がチャンスといえるでしょう。

  • 医療介護総合確保促進法の成立

    医療介護総合確保促進法の成立

    医療介護総合確保促進法という法律が施行されるようになりました。日本の医療システムはこのままでは持たないといわれており、各地域での包括的な医療と介護の連携システムを組み直す必要性が叫ばれています。そうした声を受け現場を改善するためにこの法律は施行されました。

2025年問題に備えて

基本的に多くの人が今日は昨日と同じように続いたし、明日も今日と同じように続くだろうと思って生活を営んでいますが、必ずしもそうなるとは限りません。その象徴的な例が2025年問題です。団塊の世代が一斉に後期高齢者となる75歳を迎えることで医療や介護サービスの不足、それに社会保障費の財源不足や生産年齢人口の減少などの大きな問題に発展するといわれています。なおこうした大きな社会問題に対して、医療現場は通院や入院中心の医療から在宅医療へのシフトや、働く人の労働環境改善に取り組んでいます。